沿革

会社沿革

1960年 6月
有限会社 ヤマト製作所を設立
(資本金:120万円)
1963年 12月
資本金200万円に増資
1967年 10月
資本金500万円に増資
1969年 1月
鹿沼市奈佐原町に本社を移転
1971年 8月
資本金700万円に増資
1974年 10月
資本金850万円に増資
2008年 5月
有限会社より株式会社に改組
資本金を3,000万円に増資
株式会社レスポに改名
2008年 8月
栃木県鹿沼市上石川に上石川工場を開設
2010年 10月
ISO9001:2008 認証取得
2013年 1月
3台連結のロボットライン導入、生産開始
2017年 2月
半導体製造装置部品の生産開始
2017年 9月
ISO9001:2015 認証取得
2020年 4月
自走式ロボットライン導入、生産開始
2021年 4月
ロボット加工セル導入予定

社名の由来

レスポの由来:[責任 Responsibility][応答 Response][希望 L'espoir]

株式会社レスポの社名は

責任=レスポンシビリティ
会社として経営者として社員として
応答=レスポンス
お客様に対して、速やかに対応する心構え
希望=レスポワール
社員が未来に希望を持てる会社づくり

この3つの「レスポ」を元に創造した造語です。

ロゴマークは、弊社の前身である「有限会社ヤマト製作所」の「ヤマト」を重ね書きして
レスポの「R」を作り出しました。
時代を超えて歴史と技術を継承しながら、未来に向けて新しい挑戦を続けていきたいという想いを表現しています。